◯◯さえできれば、ヨガはできる!

医師監修

駒込メディカルヨガインストラクターYUMAです!

あっという間に2019年。

そしてもう10日間過ぎてしまいました。


今更慌てて!

今年もよろしくお願いいたします!笑



さて、表題。

ヨガをするのに、体の柔らかさや人より優れた運動神経が必要と考えていませんか?

中には、ポーズを綺麗に取れないとヨガをしてはいけないと考えている方もいると聞きます。。。



が!決してそんなことはないのです! (少なくとも水泳25m泳ぎ切れない自分は運動神経良くは無いです)


というのを、ワークショップの宣伝を絡めつつ、

2019年最初のブログで強く言いたいと思います。笑

「呼吸」さえできれば、ヨガはできる!



はい、1月の「ヨガ呼吸法ワークショップ」の宣伝でございます。笑



ヨガの呼吸法には実際様々な種類がありますが、

1月26日に行われる上記のワークショップでは内容を2回に分け、

・17:00〜18:00「ウジャイ呼吸」

・18:30〜19:30「ナディショダナ呼吸法」

の2つのベーシックな呼吸法それぞれ体験していきます。

(各回3,000円)



どちらか参加できそうな方だけでもよし、

この機会に両方受けてみちゃえ!でももちろんよし。



ヨガってどうしても派手で綺麗なポーズに気を取られやすいですが、

呼吸法は基本中の基本!

60分のワークショップでここをしっかり押さえておけば、

今後参加するヨガレッスンのクオリティ、5割増しは間違い無いです!!

(というか、呼吸がめちゃめちゃだとヨガの効果、5割減です。。。



んー、でも。。。

「うじゃい」。。。?

「なでぃしょだな」。。。?

なんだか聞きなれない言葉。

すっごい難しいことするんじゃないの?とお考えの方も多いと思います。

それもそのはず、ヨガでよく登場する「サンスクリット語」は現在ではほとんど使われない言語。

馴染みがない方の方が圧倒的多数と思います。



でもでも、

ワークショップの内容はいたってシンプル。

仰向け、正座、あぐらなど、

いろんな姿勢でお腹や胸に手を当てながら、

鼻から息を吸って、吐いて、

と練習します。


一体どこからどういう順序、どんな仕組みで酸素が体に吸い込まれていくのか、

体のどの部分が反応して最後の吐く息につながるのか、


頭で考え体で感じ、しっかりとご自身の呼吸を追いかけられるようにしていきます。

最後は簡単なポーズをいくつかやりながら、それぞれの呼吸をマスターしていきましょう!




たくさん動いたりするヨガの経験も、

学生時代は本格的な体育会系でした!

みたいな運動経験も一切必要ありません。

もう一度言いますが、自分は泳げません。あと球技も野球以外は苦手です。

スキップのやり方もなんか変です。


でもヨガはできます。

なぜなら呼吸はできるから!笑



ゆったりのんびり、みんなで楽しみましょう〜

ぜひ当日お会いできるのを楽しみにしています〜!




********************

駒込メディカルヨガ

・HP:https://www.medicroom.net/

・東京都文京区本駒込6-15-18「creation六義園」8F(JR駒込駅より徒歩5分)

・ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

Tel080-4431-4606(8:00-18:00)

cmhs.yoga@gmail.com

(メールの方がスムーズに予約できます◎)

********************

57回の閲覧