「呼吸が大切!」の大きな理由


医師監修

駒込メディカルヨガインストラクター

YUMAです!



ついに2018年も終わろうとしています。

特に12月、師走というだけあって、本当にあっという間でしたね。

体調崩したりしていないでしょうか?

さて、そんな忙しい時、皆さんは自分の呼吸がしっかり行えているか、日々確認することはありますか?





ヨガと呼吸


ヨガのクラスではよく、呼吸の指示が入ります。


吸いながら両手を回しあげて〜」とか、

吐く息で深く前屈〜」とか。


ポーズをとる際、呼吸の指示がまったくないクラス、はあまりありません。

(少なくとも「呼吸?なんでもいいよ」というヨガはないでしょう。笑)


しかも、インストラクターの指示をよ〜く聞いていると、

「ポーズを形作る指示以前に、呼吸の指示がまず優先」されるのです。


要は、

ポーズを完成形に導くことよりも先に、呼吸を正しく行うことが大事

なのです。

でも、なぜここまで呼吸が優先されるのでしょう?





呼吸の質が生命力を決める


ヨガでは、「呼吸法」は「プラーナヤマ」と呼ばれています。

諸説ありますが、

プラーナヤマとは、「プラーナ=生命エネルギー」+「ヤマ=コントロール」


すなわち、生命エネルギーのコントロールを意味します。


古い文献を紐解くと、空気中には「プラーナ」という生命エネルギーが漂っていて、

できるだけ「良いプラーナ」を体内に適量取り込み、適宜放出する必要がある、と記されています。


また文献によると、各々、人が一生のうちにする「呼吸の数」は決まっているとも言われています。


もし、

一定の数、呼吸をしなければならないとして、その吸い方や吐き方が正しい方法や質のいいものでなかったら・・・?

逆に、

もし決められた数、1回1回を丁寧に正しい方法で質の良い方法で行えるとしたら・・・?


体に変化が出るのは当然と言えます。




正しい呼吸、できていますか?


ヨガで行う呼吸には色々な種類があります。

流派や目的によって「腹式」「胸式」腹式と胸式を掛け合わせた「完全呼吸」を使い分けることもありますし、


吸い方、吐き方、また「止め方」にも種類があります。



今回1月のワークショップで、ヨガの基本の呼吸法「ウジャイー呼吸」「ナディショダナ呼吸」を行います。

この2つは、ヨガを行う際には最低限知っていておきたい、必須の呼吸法です。



ただ、なかなかレギュラークラスでは時間をかけてお伝えできない部分でもあります。

そんな呼吸法、初めて聞いたよ?という方も、


また、自分の呼吸がちゃんと正しく行えているかわからない!

そもそも正しい呼吸って何?

という方も、ぜひこの機会に自分の呼吸を見つめ直してみませんか?


詳細はワークショップ、次回ブログでもお伝えします😊

********************

駒込メディカルヨガ

・HP:https://www.medicroom.net/

・東京都文京区本駒込6-15-18「creation六義園」8F(JR駒込駅より徒歩5分)

・ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

Tel080-4431-4606(8:00-18:00)

cmhs.yoga@gmail.com

(メールの方がスムーズに予約できます◎)

********************


0回の閲覧